・赤紫蘇たち、春の日差しを受け大きく育ってきました(2017年赤紫蘇日記) 

The following two tabs change content below.
京漬物 志ば久 久保 統

京漬物 志ば久 久保 統

webサイトhttp://www.shibakyu.jp/
京都・大原伝統の「志ば漬」を昔ながらの製法で作りつづけています。自社農場を保有し、香り高い大原産赤紫蘇・菜の花などを栽培。紫蘇を使った京漬物や四季折々の手造りの漬物を日々製造しています。

3月下旬に発芽が始まった、当店自社農場の赤紫蘇たち。
春の日差しを受けて大きく育ってきました。

発芽当初は緑だった双葉も、赤紫色に染まりもうすっかり赤紫蘇としての個性を確立しています。

成長に伴い、2~3日に一度は間引きをおこない、根張りが良く芯の強い紫蘇苗に育てていく事がしば漬け作りにとってとても大切な第一歩。

たいへん手間がかかりますが、手間をかけた分、良く育って応えてくれるのが作り手にとってはすごく嬉しいわけですw

今年度は例年に比べて天候が荒れる事も多いように感じますが、5月初旬からの作付に向けて引き続きしっかりと子守りならぬ「紫蘇守り」をしたいと思います^^

~伝統のしば漬け、手作りの京漬物 志ば久~ 久保 統

元の記事を読む

前後に投稿された記事