深くじっくりと・・・ 

The following two tabs change content below.
京都大原 野むら山荘
京の奥座敷で軍鶏と旬菜、手打ち蕎麦が楽しめるお店です。5千坪の自然に囲まれた静かな環境でお食事をお楽しみいただけます。春~秋は屋外の月見台、秋~春は囲炉裏で、お座敷や椅子席もご用意しています。季節を感じながらのお料理は、軍鶏料理や地元の旬野菜、手打蕎麦などを食材に完全ご予約のコース仕立てでご用意しています。詳しくは、HPをご覧ください。
京都大原 野むら山荘

最新記事 by 京都大原 野むら山荘 (全て見る)

鮎の深焼き。

浅焼きの反対なので深焼き。

炭火でじっくり焼き、鮎からこぼれ落ちる脂が炭火に落ち油煙が立ち上る。
その煙を身にまといながら風味を蓄えてゆくのだ。
焼くというよりは、こんがりと揚げ焼きといった表現が相応しい。

頭から中骨、尻尾まで残さず食べられるほどに火が通るのは炭火焼ならではのこと。
命あるもの、残さず全て頂くことで成仏できる。焼き方ひとつで深く愉しめる。

浅焼きより深焼き。これが最高にうまい。

 

元の記事を読む

前後に投稿された記事