・未来へと繫ぐ~赤紫蘇の種の収穫~ 

The following two tabs change content below.
京漬物 志ば久 久保 統

京漬物 志ば久 久保 統

webサイトhttp://www.shibakyu.jp/
京都・大原伝統の「志ば漬」を昔ながらの製法で作りつづけています。自社農場を保有し、香り高い大原産赤紫蘇・菜の花などを栽培。紫蘇を使った京漬物や四季折々の手造りの漬物を日々製造しています。


もしかすると当店で一番大切な作業と言っても言い過ぎでは無い「赤紫蘇の種の収穫」。

夏に一気に赤紫蘇を収穫し漬け込んで発酵熟成させる志ば漬。
漬け込みが終わるとまずは一段落なのですが、年内の最期の大仕事が「赤紫蘇の種の収穫」です。

刈り取る手間だけならば大して時間も懸らないですし1日で充分終わる作業なのですが、そのタイミングというのが毎年違うため、何年やってもなかなか緊張します。

当店の志ば漬はすべて自家採種の京都大原産赤紫蘇を使用していますので、代替えが効かずこの種取りに失敗すると来年の紫蘇作りが出来なくなります。

先日より天候が悪く、まるで梅雨のような最近の天候。
また週末には台風が接近しているという情報。

天気さえ良ければあと1週間ほど置いてから収穫したいところですが、台風の影響で枝が大きく振られて種が落ちれば収穫が出来なくなりますので、本日収穫を行いました。

幸い、収穫した房からはパラパラと種が弾ける音がして、例年に比べ少し早めの収穫ですが今年も良い赤紫蘇の種が採種出来ました。
ようやく大きな肩の荷がおりました^^

元の記事を読む

前後に投稿された記事