Spring Jazz Live開催決定! 

The following two tabs change content below.
京都大原 野むら山荘
京の奥座敷で軍鶏と旬菜、手打ち蕎麦が楽しめるお店です。5千坪の自然に囲まれた静かな環境でお食事をお楽しみいただけます。春~秋は屋外の月見台、秋~春は囲炉裏で、お座敷や椅子席もご用意しています。季節を感じながらのお料理は、軍鶏料理や地元の旬野菜、手打蕎麦などを食材に完全ご予約のコース仕立てでご用意しています。詳しくは、HPをご覧ください。
京都大原 野むら山荘

最新記事 by 京都大原 野むら山荘 (全て見る)

皆さん、こんにちは。
 
一昨年11月に野むら山荘で開催しました「タンゴの調べ♬」が好評で、また音楽会開催のご要望をたくさんいただいていました。
 
そこで2018年は、桜が満開になる頃に合わせて「Spring Jazz Live」を企画しました!
メンバー全員様々な音楽ジャンルに精通しているので、Jazzを中心としながらも、Pops/Blues/R&Bなどのスタンダードも取り入れてお届けします。
※出演者情報は下記に記載。
 
★日時は、2018年4月15日(日)
13:40(受付) 14:10~14:40(1st) 15:00~15:30(2nd)  15:50(閉会)
 
★料金は、3500円(税込)
 
★ご予約・お問合せ・場所は、075-744-3456
野むら山荘 京都市左京区大原野村町236
無料駐車場有り
 
※テーブル椅子席でお愉しみいただけます。
※席数に限りがありますのでご予約ください。
※ドリンクは当日ご注文いただけます。
※ご予約のキャンセルはご遠慮ください。
 
★出演者
 
☆西村”Dr.tee”卓将 (from Line-band-)
 
京都市立芸術大学ピアノ科卒業。在学中よ り Jazz, R&B, Soul ミュージックに目覚め、 様々なセッションに参加。卒業後、宝塚歌 劇団稽古ピアニストとなる。その後まもな く R&B, Soul バンド”Line-band-“をギタリ スト中川博登氏を中心に結成。R&B, Soul を深く追及するとともにホテルでのディ ナーショーや、大型 Disco イベント演出か ら街のクラブやライブハウスなどで活動 する。またサウンドプロデュース事業を展 開する Studio Line ではミュージックディ レクターとして、演奏はもちろんのこと、 編曲や空間プロデュース、レコーディング まで手掛ける。個人のソロワークとして、 国内外のアーティストのサポートメンバ ーとしても活躍中。
 
 
☆前田”BB”朋輝 (from Line-band-)
 
21歳よりベーシストとしての活動を開始。23歳から約1年半、京都Greaseのハウスバンドベシストとして所属し、活動の拠点を京都へ移す。その後ギタリスト”中川 博登”氏に出会い、ブラックミュージックに感銘を受け、Soul,R&Bバンド”Line-band-“を中川 博登氏を中心に結成。Line-band-のベーシストとして活動を開始。クラブ、ライブハウス、ホテルでのディナーショーなど活動の場を広げる。 また単身シカゴへ渡米しブラックミュージックのルーツを学び、帰国後もLine-band-のベーシストとして海外アーティストとの共演、様々なアーティストのレコーディングやライブなど勢力的に活動している。 2013年にはサウンドプロデュース事業 Studio Line を立ち上げから参加し、お店や、イベントのサウンドプロデュース、若手アーティストの育成にも力を注ぐ。
 
 
☆六嶋 啓太
 
大阪の音楽専門学校在学中より演奏活動をスタート。 卒業後は関西を中心に様々なジャンルのアーティストのサポート(LIVE、REC)、CM音楽や映画音楽などを手掛けるなど幅広く活動中。 演奏活動の他には関西一円でのギター、ウクレレレッスンも実施し、分かりやすい指導が好評を得ている
 
 
☆山本貴仁
 
京都府出身。10歳からピアノ・ギター、12歳から打楽器を始める。京都市立音楽高校(現 京都市立京都堀川音楽高校)を経て、京都市立芸術大学音楽学部に入学。クラシック音楽を学ぶ傍ら、ドラムセット/ラテンパーカッション/即興演奏/電子音響など幅広く研鑽を積み、学内外問わず様々な形態での演奏活動を展開する。またこの頃から、DTMを使用した作・編曲活動も行う。 同大学卒業後は活動の拠点を東京に移し、間も無くしてElisha La’Verneのジャパンツアー(ビルボード東京)にVOLTA MASTERS BAND のドラマーとして参加する。現在は様々なアーティストのライブサポート・レコーディング、楽曲制作におけるアレンジメント及びディレクション等を中心に活動中。
 
 
———————————————————————————–
元の記事を読む

前後に投稿された記事