16日(火)は大原野菜×ドイツワイン×熟成肉を楽しむ会@プレーゴ藤吉supported by Gg’s。 

The following two tabs change content below.
音吹畑
京都洛北の里山農村、大原で、農薬や化成肥料を使用せず、環境負荷をできるだけかけない有機農業を実践する農家です。マルシェで映えるような色とりどりの美しい野菜を好みます。里の駅大原や大原朝市での販売を中心に京都市内の八百屋やレストランに野菜をお届けしています。
音吹畑

最新記事 by 音吹畑 (全て見る)

13日土曜日の夕方から日曜日にかけて大原では雪が降りました。

楽観視していましたが、まぁまぁやっぱり真冬の厳しいこの時期ですので、それなりに積もって里はすっかり雪化粧。

そんな日曜日には町内で左義長。音吹邸のある町内では、左義長(いわゆるどんど焼き)の後、「おこない」という一連の行事があります。

お堂の中で、お碗に盛られた角切りサイコロ状の大根を転がし,この所作を着席した若衆?全員が繰り返すという「サイコロ転がし」、その後田んぼで篠竹で作られた弓で的に向かって矢を射る「お弓」、それからまたお堂の中で「サイコロ転がし」、最後にお堂を締め切って南無阿弥陀仏を唱えた後に左義長で焼けた竹の端を持ってお堂の中をパンパンと大きな音をたてて叩きまわる「悪魔払い」を行います。

お弓は昔は成人の儀としての意味もあったのではないか、とのことですが、この「おこない」をしているのは大原の町内の中ではひとつだけ、他には久多もなさっているとのことにて、何の何の不思議な、興味深い行事です。その後はこどもも一緒に雪遊びをしておりましたので、いやはや冷え込みました。

さて、相変わらず告知が遅くてごめんなさい!

明日、木屋町二条の【プレーゴ藤吉】さんで行われるこんなイベントに出ます。

======================

(すでに満員御礼だそうですが…)

以下文章は【プレーゴ藤吉】さんの【FBイベントページ】より。
【京都メルカートディナー 第2弾】

大原野菜×ドイツワイン×熟成肉を楽しむ会

今回のテーマは大原のお野菜とドイツワイン、それと熟成肉をマリアージュ致します。

大原は、京都市内から30分程の都市近郊の盆地にあり、平均気温は2℃程低く、夏は暑過ぎず冬は野菜が甘みを蓄えるのに適した環境にあります。

そして、ドイツのワインは日本更には京都の気候に適していて、同じような気候で育てられた
大原のお野菜と非常に相性が良いという言われから、このイベントを行う運びとなりました。

お野菜とご一緒に熟成肉のマリアージュもお楽しみ下さい。

今回のゲストは大原から音吹畑さん

ドイツワインのインポート会社
ヘレンベルガー・ホーフの礒本氏をお招きしてお野菜とワインの事を語っていただきます!

限定20名様のご予約制でございます。
お気軽にお問い合わせ下さいませ。

【料金】
¥10,000税込
特別コース、ワインペアリング5種(ノンアルコールのペアリングもご用意しておりますので事前にお伝え下さい)

【時間】
受付 18:30~
開始 19:00〜22:00

プレーゴ藤吉
075-229-6763
supported by Gg’s

======================

【プレーゴ藤吉】さんと、いつもお世話になっております京野菜振り売りガールズ【Gg’s】さんが、何かテーマを決めて定期的に開催されるメルカートディナーにお呼びいただきました。

去年、音吹邸での【ドイツワインと大原野菜を楽しむ】会を共催しました【ヘレンベルガー・ホーフ】の礒本さんも今回またご一緒させていただくことに!

【プレーゴ藤吉】さんはもともと近江で野菜を中心にしたイタリアンを営んでおられたところ、生産者さんと知り合う中で熟成肉を堪能できる場所をつくりたいと京都にてオープンされたお店。

熟成肉!!…って何?(笑)

要するに、計算された環境(ドライエイジング)の中で肉を寝かせる過程でいい具合に微生物がたんぱく質をアミノ酸に変えてくれるその風味がたまらんお肉、なのだそうですよ。腐りかけた肉とは全然違うのだって。

なるほどなるほど、野菜もものによっては保存しておくことで甘味が増して美味しくなるものいっぱいあります。魚も同じ。

新鮮なものが何より美味しい!という固定観念は食の世界ではもはや打破されているのですねぇ。

それにしても毎度毎度面白い企画を考えておられます、振り売りガールズ【Gg’s】さん。ありがとうございます!

元の記事を読む

前後に投稿された記事