四月中旬の作業や作物の様子。 

The following two tabs change content below.
音吹畑
京都洛北の里山農村、大原で、農薬や化成肥料を使用せず、環境負荷をできるだけかけない有機農業を実践する農家です。マルシェで映えるような色とりどりの美しい野菜を好みます。里の駅大原や大原朝市での販売を中心に京都市内の八百屋やレストランに野菜をお届けしています。

こちら、インスタにもアップしましたが…

 

 

ヤエザクラ。

きれいですね。

 

引っ越した家の庭に植わっておりまして、今年も咲くやいなや愛でるよりも採る!採る!採る!

…と、

採りまくって乾燥させています。

 

乾燥させたら音吹ハーブティーの素材に。

美しいピンク色がそのままに春らしく彩りを添えてくれます。

 

 

こちらはルバーブ。

 

何度も何度もリベンジしては失敗しているルバーブ。

今年はたった10株程度ですが、何とか越冬してくれました。

このまま草に埋もれないようにちゃんと管理できるのでしょうか。

 

ルバーブと言えばジャム。

酸味の美味しいジャム。楽しみですねー。

 

 

スイスチャード。

種蒔いてー苗植えてー畑耕してー、と目まぐるしく過ぎ去る日々に何が何やらよく分からなくなってくるのですが、植えてしまった苗はゆっくりと着実に、土から養分を吸収して大きくなってきています。

 

 

昨日はレタス第二弾を定植。

画像右側にて、立ったまま苗を植えることができる農具にて定植!

根の張りが良い健苗であることが第一条件、手直しも多少必要です。

人間の手の精度には当然敵いません。

精度はともかく時短面や疲労面(特に腰痛対策!)で活躍してくれそうなアイテムです。

 

ちなみに画像左側は第一弾のレタス、パクチー。

いい感じに育ってきてくれています。

 

今日は、ボリジやレモンバーム、パセリを定植し、ヤグルマギク、カモミールなどに追肥を。

それから肥えを土に混ぜ込むと同時に除草を兼ねて土をカジカジ。

雨前にやりたいことをビシバシ進めます。

降ってきそうなので、園主は事務仕事、スタッフは種まき・鉢上げなど苗仕事。

 

充実の毎日。

明日もがんばろー!

元の記事を読む

前後に投稿された記事