露地夏野菜、植えつけハイシーズン。 

The following two tabs change content below.
音吹畑
京都洛北の里山農村、大原で、農薬や化成肥料を使用せず、環境負荷をできるだけかけない有機農業を実践する農家です。マルシェで映えるような色とりどりの美しい野菜を好みます。里の駅大原や大原朝市での販売を中心に京都市内の八百屋やレストランに野菜をお届けしています。
音吹畑

最新記事 by 音吹畑 (全て見る)

大原の露地栽培中心農家にとって、四月下旬から五月上旬の季節は夏野菜の定植時期。

どこの農家さんも、天気とにらめっこしては各々のタイミングで育てた苗(あるいは購入苗)をバシバシ植えていっています。

 

2018年の音吹は…

出遅れています。あれ?!(笑)

 

まだ畑の地すらできていないところも。

 

今年は焦らずに作付けしていく、と決めかかってはいたものの、やっぱりよその農家さんが作業を進めているのを見たり聞いたりすると、焦りますねー(^_^;)

 

4日には大原のお祭りも入りますので、連休明けからが本格的な植えつけ開始になるのでしょか。

 

 

画像はパクチーやレタスの畑。

 

気持ちの良い天気!

 

先日は予兆なきゲリラ豪雨で、園主の精神状態は一気にダウン。

この季節の園主は作付けで頭がいっぱいなので、天気予報どおりに動かない時に発狂しそうに機嫌が悪くなります。

どこの農家さんも似たようなものですかね(^_^;)

身近にいる人にはたまったものではありませんが、舵取りする人間には、まぁしんどい季節なのであります。

どうか気持ちの良い天気が続いてくれますように!!(というより降ってもいいけど天気予報の多くずれがありませんように)

元の記事を読む

前後に投稿された記事