旬が一瞬の春葉物、にんにくのお話。 

The following two tabs change content below.
音吹畑
京都洛北の里山農村、大原で、農薬や化成肥料を使用せず、環境負荷をできるだけかけない有機農業を実践する農家です。マルシェで映えるような色とりどりの美しい野菜を好みます。里の駅大原や大原朝市での販売を中心に京都市内の八百屋やレストランに野菜をお届けしています。

春葉物の旬はほんとに短いです。

4月19日播種の赤リアスからし菜、ルッコラ、5月19日収穫開始するも一週間立たずして、トウ立ち(花をつける茎が伸びる現象)。

 

 

むっちゃくちゃ早い!

小松菜や何か、一般的な軟弱葉物類の晩抽性の品種ですと、もう少し在圃性は高くなるけど、赤リアスにルッコラはとにかく早い!

一株一株も細いから作業性も悪い。

=============

 

有体に言うと、要するに手間の割に儲からない。

 

=============

もういっそやめようか、と毎年思うのですけど…

つい最近もそう思ったとこなのですけど…

こないだ購入した少女漫画【GREEN】にやたらとルッコラの描写が…!

くぅ~、やっぱりやめられない、

何てったって農の道に進むことになったきっかけの野菜。

作付量を減らしてでも、もう少しあがいてみる?!

 

続けるぞ!いややめよか…?と、いつもいつもこんな具合に逡巡しています。

 

================

 

ところで、この水曜日の雨までに、何とかニンニクを掘り切りました。

 

 

こんな具合に積み込んで軽トラ二台分ほど。

 

 

2017年10月4日に30kg分ほど植えつけたニンニク。

今年は収穫直後の段階で270kgほど。

乾燥・保存の過程で水分が飛んで70%ほどにまで重量が落ち着きます。

約190kgくらいになるのでしょうか。

 

今年は作付量を増やしたいと考えています。

50~100kgは植えたい!

 

 

雨の日は葉を切り落とし、根を切り落とし…。

そして良種キープのために、大きくてイイ感じの種をカテゴライズせねば!

当面、雨の日はニンニクに触れる機会が多くなりそうです。

 

ちなみに生にんにく、

さっそく油で揚げて食べましたけど…

ほっくほくで美味しいー(^^)

いやいや、美味しくないわけがないよね、ごちそうさまでした!

元の記事を読む

前後に投稿された記事