助かってます 

The following two tabs change content below.
山本有機農園 山本克也

山本有機農園 山本克也

webサイトhttp://www.koyof.com
『山本有機農園ブログ 農的自省録』 1975年生まれ。京都府出身。約10年のサラリーマン生活の後、憧れの農業生活を京都市左京区大原で始める。毎日24時間野菜のことばかり考えているが、気が付けばいつの間にか結婚して2児の父に。2014年3月現在、約6.8反(その内3.2反はJAS有機認定圃場)の畑で無農薬・無化学肥料野菜を栽培・販売する。
山本有機農園 山本克也

最新記事 by 山本有機農園 山本克也 (全て見る)

今年の夏野菜は、手応えがないまま終わりを迎えようとしています。

そして、夏野菜が終わると同じ畑で秋野菜の作付けが始まります。耕して、肥料を撒いて、種を蒔いてと・・・。

いや、その前に手間の掛かる仕事があります。
夏野菜の片付けです。
特に、万願寺トウガラシやミニトマトなどは、マルチを剥がすだけでも一仕事なのに、それだけでなく、支柱や野菜を誘引している紐を片付ける作業があります。
夏野菜は、限られた面積で根物や葉物に比べて多くの売上がありますが、支柱立てや紐張り、ネット張り、そして、その片付けなど大変手間が掛かります。

こう言うと、「さぞかし大変だね」と思うかも知れませんが、今年は春から働き始めたしゅんぺい君に片付け作業を任せています。
なので、こっちは秋冬野菜の作付けに注力させてもらってます。
しゅんぺい君も夏野菜がこんなに大変だとは思わなかったと言ってますが、何事も経験。
これが、本や座学や農業体験イベントでは味わう事が出来ないリアル農業の姿なのです。

IMG_1982.JPG

IMG_1984.JPG

元の記事を読む

前後に投稿された記事