生しば漬トッピングでピザを焼いてみた 

The following two tabs change content below.
辻しば漬本舗
京都のしば漬け専門店。京都大原で紫蘇の栽培から漬込み、販売まで漬物の一貫製造。京都の四季折々の漬物、佃煮を製造販売。京都大原しば漬け発祥の地から全国へお届けします。

キャンプでピザ焼きを楽しむMさんと一緒にしば漬ピザに挑戦しました。

Mさん自家製の発酵ピザ生地を伸ばす作業から。

  

ダッチオーブンを使って焼きます。ふたをフライパン代わりにして、温めながらトッピング。

今回のトッピングは、シンプルにピザと生しば漬だけ。野菜など一切入れませんでした。

チーズは食感がちがう2種類。粘りのあるモッツアレラととろけるタイプのチーズをチョイス。

           

いよいよ生しば漬を刻んでトッピング。

  

なぜダッチオーブンを使うのか。Mさん曰く、普通のオーブンでは水分が蒸発してしまって美味しくなくなる。

ダッチオーブンで密閉することにより、上と下両方から熱を加え、水分も逃がさずに焼くことができるそう。

 

バーナーで焦げ目をつけることもポイント。

こげの雰囲気と苦みがうまみを際立たせます。

  

完成です。

  

総括。生しば漬の酸味はトッピング材料としてあり。オイルやハーブなどを使わず、

シンプルな材料で仕上げたので、素材の持ち味がとてもよく目立ちました。

生地の塩味、焦げ目の苦み、しば漬の酸味、チーズのコクととろみ。

すべてのバランスが調和しました。

ピザやパスタに生しば漬。おすすめです。‼

元の記事を読む

前後に投稿された記事