初秋の大原と辻しば漬本舗の野菜づくり 

The following two tabs change content below.
辻しば漬本舗
京都のしば漬け専門店。京都大原で紫蘇の栽培から漬込み、販売まで漬物の一貫製造。京都の四季折々の漬物、佃煮を製造販売。京都大原しば漬け発祥の地から全国へお届けします。

彼岸の入りを迎え、初秋らしい風景の広がる大原の里。

稲穂が実り、稲刈りをする農家の姿があり、まわりには彼岸花(曼殊沙華)や秋桜(コスモス)が咲いています。

残念ながら、雨ばかりの天候が続いていますが、23日の秋分の日は、天気予報は晴れマーク。

カメラ片手に里の散策がおすすめです。

     

 

辻しば漬本舗では、紫蘇を収穫終えた畑で、今度は秋冬野菜を育てます。ちょうど播種をして芽生え始めたところ。

右奥に見えるのは、種採り用に残している赤紫蘇。来年用の種をここから採取します。

  

台風に長雨と農家泣かせの天候続き。10月は穏やかな天気となってもらいたいものです。

元の記事を読む

前後に投稿された記事