マルチあるなしの比較

マルチあるなしの比較

朝晩は霜が降りるほど寒いのですが、晴れた日中にはひんやりした空気の中にも太陽の暖かさを感じる2月の下旬です。さて、冬越しして育つ玉ねぎとスナップエンドウの畑にて。この冬は、玉ねぎとエンドウでマルチを張っているものと張っていないものを比べて、どの様な生育の違いがあるかの実験をしています。まず玉ねぎ。今期の玉ねぎ苗の生育が悪かったため、全面ビニールトンネルをしています。上のマルチをしている方が少し生育が良い様です。マルチ無しの方は、トンネルをしているために雨がかからず、かなり土が..
赤シソ発芽実験

赤シソ発芽実験

昨年の10月に襲来した台風は、数々の被害をもたらしましたが、赤シソの種取りにも影響がありました。台風の強い風にによって、種取り用に置いていた赤シソの穂がゆらされ、多くの種が地面に落ちてしまい、穂はスカスカの状態で、残りの種も例年に比べると僅かしかありませんでした。そこで、来月には赤シソのタネを蒔くのですが、播種前に一昨年採取した古種でも芽が出るのか実験してみました。市販の保温機能が付いた発芽器ではなく簡単な作りですが、比較のために新種と古種を同じ日に水に浸して実験開始しました..
今年は「インカのめざめ」一本で勝負

今年は「インカのめざめ」一本で勝負

毎年この時期になると、滋賀県の種苗店までジャガイモの種いもの買い出しに嫁さんとドライブします。今年も紫と赤と黄色の三色で行こうと、キャンペーン期間中で混み合う店内に入りました。しかし、何か様子が変!男爵、メークイン、キタアカリなど定番の種いもはありましたが、お目当のシャドークイーンがありません!?店員さんに聞いてみると、今年は種いもが不作で入荷の予定がないとのこと。毎年定番の三色ジャガイモは、お客さんも楽しみにしていて下さるのに、残念無念・・・(´-`)仕方がないので、今年は..
今年は「インカのめざめ」だけです

今年は「インカのめざめ」だけです

毎年この時期になると、滋賀県の種苗店までジャガイモの種いもの買い出しに嫁さんとドライブします。今年も紫と赤と黄色の三色で行こうと、キャンペーン期間中で混み合う店内に入りました。しかし、何か様子が変!男爵、メークイン、キタアカリなど定番の種いもはありましたが、お目当のシャドークイーンがありません!?店員さんに聞いてみると、今年は種いもが不作で入荷の予定がないとのこと。毎年定番の三色ジャガイモは、お客さんも楽しみにしていて下さるのに、残念無念・・・(´-`)仕方がないので、今年は..

スタッフ(正社員)募集のお知らせ

山本有機農園では、畑仕事や出荷作業に、暑い日も寒い日も、晴れた日も雨の日も一緒に汗をかきながら、楽しく働いてくれるスタッフ(正社員)を募集いたします!将来農業や家庭菜園をやってみたい人、野菜を消費するだけでなく、野菜作りの一端を経験してみたいという人、農業になんとなく興味がある人、お待ちしております。畑仕事未経験者でも問題ありません。平日の日中に働ける方、京都市内などなるべく近隣の方、が希望です。ご興味のある方は、下記の内容をご確認の上、こちらより氏名、連絡先(大まかな住所、..
春までお休み

春までお休み

今期の西洋ニンジンの収穫が全て終了しました。今期は、台風と寒さで軒並み惨敗している秋冬野菜ですが、そんな中でも頑張ってくれたニンジン。随分助けられました。やはり、これからもニンジンは経営の柱になりそうです。さて、ニンジンの収穫が終了したのも束の間、春に向けて、畝に米ぬかや油粕、そば殻などをまいて、耕しました。このままの状態で、3月下旬の春野菜の種まきまでじっくり畑を休ませます。その間にも土の中では微生物が働き、ゆっくりと有機物を分解してくれます。微生物の土の中での働きを想像し..
ぼかし肥作り

ぼかし肥作り

年も明け、日は少しだけ長くなりましたが、寒さはまだまだこれからです。さすがに農作業も収穫が中心となって来ましたが、この時期にやってしまいたいのがぼかし肥作りです。今までは、恥ずかしながら肥料は全て他所から購入したものを使っていました。しかし、資材置き場が台風で全壊し再建した新しい資材置き場にスペースが出来た事、この秋冬の収入減により出来るだけ経費を減らさなければならない事、そして何より土作りが全ての基本と言う原点を見直した結果、今期からぼかし肥を作る事になったのです。災いを転..
きちんと生きる

きちんと生きる

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。昨年は、台風や天候不順など、色々な意味で厳しい年でした。もちろん、上手く行かなかったのは、外的な要因もありましたが、実際には自分自身に起因する内的要因が大きかったからだと思います。しかし、昨年のつまずきは、考える機会を与えてくれました。そこで、今年はもう一度基本に立ち返って行動する事を心掛けたいと思います。それは、即ち、「きちんと生きる」と言う事に他なりません。生活面では、規則正しい生活を心掛け、挨拶をする、待ち..
今年最後の仕事

今年最後の仕事

30日(土)の年内最終出荷も朝に終え、今年最後の仕事に取り掛かりました。どうしても年内中に終わらせたかったのは、春に作付けする畑の準備です。3月下旬に二十日大根やみずな、小かぶなどの春の葉物の種をまくのですが、その前に肥料をまくなど、しっかりと準備をしたかったのです。去年までは、発酵済みの購入肥料を使っていたのですが、次の春からはいよいよ米ぬかや油粕主体の自家製肥料に移行します。ただ、全てぼかし肥料にしようとすると手間がかかりすぎるので、元肥にする分は発酵していない生のままを..
終い朝市

終い朝市

24日の日曜日は、少し早めの年内最終の朝市でした。今年の秋冬野菜は、台風や低温の影響で大コケしてしまい、朝市に出す野菜のライナップも寂しい限りでした。自分の力不足が一番大きな原因でした。来年は、こんな失敗を繰り返さない様に、ますます農作業に励んで行きます!寒さにも関わらず、まだまだ暗い内から朝市に来て下さったお客様、ありがとうございました。毎回朝市を楽しみして来て下さったお客様、ありがとうございました。来年も大原の日曜朝市をお願い致します。来年の初朝市は、1月14(日)です。..
小さいながらも

小さいながらも

秋の低温などの影響で生育が遅れに遅れていた小かぶとあやめ雪ですが、ようやく少しずつ収穫が始まりました。とは言え、玉のサイズは小さく、例年のサイズに比べると見劣りします。しかし、今年は苦肉の策で保温のトンネルをしたからか、厳しい寒さにもかかわらず葉っぱは青々として柔らかいままです。せめてもの救いですねー(^-^)
スナップエンドウ植えつけ完了

スナップエンドウ植えつけ完了

今年の冬は、12月なのにもう真冬並みに寒いです。特に、日曜日朝の6時から始まる日曜朝市は、かなり身体に厳しい寒さです。朝早くから来て下さるお客様は、本当に感謝しています。さて、玉ねぎに続き、冬を乗り越え来春収穫を迎えるスナップエンドウの植えつけも終わりました。玉ねぎの植えつけに比べると、サクッと終わりました。11月初めに蒔いた苗は、やはり寒さの影響でこじんまりとしていましたが、セルトレイの中で根はしっかりと張っていました。株元には気休めですが、寒さ避けのそばがらをまきました。..
いきなりの積雪

いきなりの積雪

早朝の大原。昨夜から降り続けた雪で、12月とは思えない位雪が積もっています。昨日植えつけたばかりの玉ねぎの畝もこの通りのモコモコです。12月でこんな調子だから、年明けからの寒さが本格化する頃には、どうなっていることか…(´-`)とにかく、年内にやらなければならない事を頑張ってやりましょ。